ギターネイル.べっ甲ピック.GuitarNails.Picks.
フラットな形だけどサイドが急激に曲がっている。
隣の指が当たってきになる。


こんなときは曲げて調整します。
材質のクセがあるので注意して作業してください。

★べっ甲 
基本的には熱を加えながら加工する。
t0.5mmは曲げやすい。t0.7mmは硬いので難しい。


★アクリル
割れやすいので熱を加えながら調整してください。

★セルロイド
t0.5mmは簡単。t0.7mmは硬い(熱を加えるて曲げる場合は温度に注意)



///////////////セルロイドの調整///////////////

セルロイドは簡単に曲げることが出来ます。具合を見ながら加減してください。
何度も確認しながら調整してください。クリックで拡大画像






///////////////アクリルとべっ甲の調整///////////////

アイロンの熱を利用します。 温度設定は「中」から始めてください。
曲がらなければ温度を上げてください。

アイロン面に軽く押しつけます。すぐに柔らかくなるのでやりすぎないよう注意してください。
指で触り曲げることもできます。曲げすぎに注意!

動画では細かすぎてわかりにくいと思います。こんな感じだと思ってください。
Hard t0.7mm 温度は高です。


最初はこのような緩やかなカーブをしています(わかりにくいですが。。。)


アイロン面に軽く押し付けます。


内側に曲がっているのが確認できます。
地爪とピッタリを目指さない 70%ぐらい上手く合っていればOK


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

サイドは接着されなくても問題なし。あまり気にしない(^^)/

大体、この方法で解決します。お試しください。
φが合ってないかも? φも検討してください

何度も使っているうちにφが緩んできます。そんな時は軽く調整を繰り返してご使用ください。

申し訳ないのですが「自己責任」となります。失敗しても交換はできませんm(__)m

火傷に注意してください。


×××整形方法はこちらをクリック×××

×××調整方法はこちらをクリック×××

×××下地処理、接着、外し方はこちらをクリック×××