ギターネイル.べっ甲ピック.GuitarNails.Picks.
ラスゲアード、チップのサイドが引っ掛かるなど
こんなときは曲げて調整します。

大体、
↑←のところがよく問題になる。根本はφがきつい為ですね。


★べっ甲 ★アクリル
基本的には熱を加えながら加工する。
難しいです。火傷の危険も。やり直しもほぼ不可。


★セルロイド
t0.5mmは簡単に曲げることが出来ます。
t0.75mmは硬いけど、何とかなる。



///////////////セルロイドの調整///////////////

整形に使ったエメリーボードに押し付けて曲げます。
少し曲げては合わせての繰り返しです。確実に!


 ↓甘皮側の角を曲げています。     ↓サイドを全体的に曲げています。



///////////////アクリルとべっ甲の調整///////////////

アイロンの熱を利用します。 温度設定は「中」から始めてください。
曲がらなければ温度を上げてください。

曲げすぎに注意! 火傷に注意!

最初はこのような緩やかなカーブをしています(わかりにくいですが。。。)


アイロン面に軽く押し付けます。


内側に曲がっているのが確認できます。
地爪とピッタリを目指さない 70%ぐらい上手く合っていればOK


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


大体、この方法で解決します。お試しください。

お湯の中に入れて調整する方法はお勧めできません。
理由は全体的に変形するから。ダメとは言いませんが難しいかな・・・

申し訳ないのですが「自己責任」となります。


########################################################

×××整形方法××    ××下地処理、接着、外し方××

×××調整方法××     ×××フリーカットテープ××


########################################################